hogecoder

つたじろう(Tsuta_J) 競技プログラミングの記録

four-t practice 2019 #09

2019 年 6 月 2 日 (日) に AOJ でチーム練習をしたのでその時の立ち回りのメモです

メモ

開始。A はすぐわかるので書いて通す。B は微妙に計算量落とさなかったみたいで 1 ペナあったけど通ってた (問題見てない)。C, D もいつの間にか rsk0315 と TAB が通してた。

E は bit DP かな〜と思ってたけどよく考えたらやばそうなケースがあって無理そう、と思ってチームメイトに考察してもらう。その間、F が解けそうなので見てみる。読んでいくと木構造であることはわかるので DP ができるなあと思いながら紙コーディングをする。

G はすでに TAB が見たことあったらしい (問題選定ミスってすいません) ライブラリを写すパートが必要なので F と交代しながら作業していく。しばらくして G が通る。

F は書けたけど永遠にバグっていてサンプルが合わない。そしてそのまま終了してしまった。ひどい・・・。

家に帰って復習してみたんだけど考察の一部が重大に間違っていて、そりゃ通るわけないですねとなりました。そこを直したら通りました。申し訳ない・・・

反省

詰まった時にもっとチームメイトを頼りたい、なんか焦ると視野が狭くなってペアプロとかその辺の選択肢が頭から消えてしまうのでダメで・・・

AOJ-ICPC の問題、なんか通すまで 1 時間くらいかかるのでバチャとかで時間を計ってやる必要性を感じた